濡れたら透ける

濡れたら透けるのは当然。なのにこんな場面に遭遇したことは記憶にありません。
濡れて透けた表現ってのは何度描いてもなかなかうまくいきません。まあこの絵で一番描きたかったのはふとももだったりするんですがね。